銘仙と技法について

江戸時代から絹織物の産地として栄えた秩父地方。

銘仙とは、この周辺地方で織られた先染めの平織りの絹織物を総称します。

 

銘仙を代表する柄銘仙は「ほぐし織」という技法で織られています。

経糸に型染めをする為、大胆な大柄を表現する事ができます

 

軽く着心地の良いこの布には表裏がありません。

経糸の模様が緯糸の色と重なり合い深みのある色調が特徴です。


整経  経糸(たていと)を整える

仮織り 

経糸を織機にかけ糸がずれないように粗く仮織り

捺染(型染め)

仮織りをした経糸に職人の手により、ひと型づつ丁寧に型染めを施す

巻き返し

本織りの前に経糸の状態を確認、調整


緯糸(よこいと)の糸繰り

本織り

型染めをした経糸を再び織機にかけ、仮織りした糸を解し(ほぐし)ながら本織りの緯糸を織る

一本でも経糸がずれたり、切れたりすると柄が崩れるので気が抜けない